活動内容

「Tribal Kids’Eyes」のお知らせ 11月24日〜11月30日まで

ad

かつて日本で人身売買被害にあい、今はタイで暮らすサバイバー女性との出会いや、タイ・ジャパニーズ・チルドレンの眼差しを通じ、彼女ら彼らが私たちと地続きの場所で生きているということを「カラダに還ること」をキーとして実感する写真×テキスト×ビデオ展示。(photo&video by村上なほ)

期間
:2009年6月21日(日)〜2009年6月28日(日)
休館日
:6月22日(月)
開館時間
:14時〜19時
会場
Latitude☆P
 
(四谷三丁目2番出口から徒歩3分)
エントランスチャージ
:300円
お問い合わせ
:prismscapefilm@gmail.com
共催
NPO法人プリズムスケープフィルム
 
×てのひら〜人身売買に立ち向かう会
協賛
株式会社シンクネットプロ

詳細はこちら

インフォメーション

2009.5.27
「Back To Yours 〜カラダに還る〜」企画展のお知らせ。
2008.11.30
「Tribal Kids’Eyes」を終了致しました。
2008.11.28
東京新聞「話題の発掘」に当企画展が掲載されました。
2008.11.24
本日24日から「Tribal Kids’Eyes」がスタートします。
2008.11.24
ブログパーツを公開しました。
2008.11.24
英語によるご案内ページを追加しました。
2008.11.10
「Tribal Kids’Eyes」のバナーを公開しました。
2008.11.7
「Tribal Kids’Eyes」のお知らせ
2008.11.7
サイトを公開しました。

ニュース一覧はこちら

トークイベント

オープニングトークイベント「カラダは誰のもの?」
日時:6月21日(日)14:00〜15:30
場所:Latitude☆P
ゲスト:要友紀子さん
(セックスワーカーの安全と健康のために活動するグループ・SWASH[Sex Work And Sexual Health]メンバー。
これまで、風俗嬢意識調査や、HIV/STD予防のための講習会、予防パンフレットの配布などを行なってきた。

近年は、日本で働く外国人セックスワーカーの調査とアウトリーチを行ない、移住労働のセックスワーカーの抱える問題にも取り組んでいる。)
参加費:1000円(お茶が出ます)
定員:30名

詳細はこちら